大きく、たくましい樹のように
優しく、きれいな花のように

やがて大きな花と開花してもらえるように
これまでも、そしてこれからも
わらべ学園は子育てを応援し続けます。

子どもによる
子どものための教育広場

わらべ学園って
どんなところ?

  • 幼児の特性を知り、将来世の中に貢献できる人間の基礎、健康・心の豊かさ・頭の良さが土台にある子どもの育成を目指します

  • 適切な愛情を持って、焦らず・比べす・甘やかさずに子どもの成長を見守ります

  • 画一的な子どもを育てるのではなく、一人一人の成長を大事にし、その子なりの成長を、喜びを持って見守ります

  • 子どもだけでなく、保護者・保育者も共に日々成長することを目標とします

  • 教え込むのではなく、気付かせていくことにより出来る喜びを知り、自己肯定できる子どもの育成につとめます

  • 子どもの行動・行為に過ちがある場合、その行動・行為の戒めを行うが、人間的否定および叱責はしません

  • 幼児の特性を知り、将来世の中に貢献できる人間の基礎、健康・心の豊かさ・頭の良さが土台にある子どもの育成を目指します

園長のことば

平成29年度 わらべ学園のスタートに当たって

今までよく言われてきた「政治とカネ」の問題は、 ここにきて「教育とカネ」の問題が取り沙汰されています。 政治に関して言えば、議員になって市、県、国を より良くしたいと言う思いから志を立てて、 政治家になられたと思います。

御多聞にもれず、教育に関しても、日本の子供たちを よりよく成長させてあげたいと言う思いから、 保育園、幼稚園、小学校と立ち上げて頑張ってこられたのだと思います。 しかし、補助金をいただいて運営していく中で、初心を忘れ、 教育内容の向上よりも、補助金獲得のための教育現場になりはしないのか? 一連の報道により危惧しています。

平成5年から10年位の早期教育がブームになった頃に、 わらべ学園にご縁をいただいた子供たちが、 大学受験に向かう年齢になり、 それぞれ目標を達成されたご報告をいただきました。

なんともありがたいことと喜びながら、 “10年ひと昔”を少し振り返ってみました。

「子供は賢い子に育てたい」という熱き思いの私どもと、 保護者の方との思いが一致しての英才教育が始まっていました。

知能の高い子だけでなく、『興味を持つ環境作り, 熱中するものに付き合う。』 『困難なことや、やったことのないものに立ち向かう導きを考える。』 『他者とのコミュニケーション能力を高める。』 などのプログラムを作って導き方を模索していました。

やがて、その時の子供たちが立派に成長して、 わらべでやっていたことが、間違ってはいなかったことを 実証してくれたことに大きな喜びを禁じ得ません。 教育の成果と言うものは、本人が自分の努力に満足して自己肯定でき、 歩みを止めず、成長し続けていく意欲を持った時に問われるものだと思っています。

現在は、ご家庭とともに「子供の本当の賢さ」を追求する時代ではなくなり、お預かりしている中で、 どれだけお役に立てるのかをいつも考えています。 時代が変わろうとも、やはり子供が持って生まれてきた能力を開花してもらうお手伝いを、 今年度も少人数制の中でやっていきたいと思っています。 平成29年度の保育内容は、よりコンパクトにして、中身を充実させていこうと思っています。 今年度もよろしくお願い申し上げます。

 

行事予定

11月19日(日) 文化祭
12月23日(土) クリスマス会
12月25日(月) 終業式
12月26日~1月4日 年末・年始休園
11月19日(日) 文化祭

毎日保育

・人間が生まれながらに持っている諸機能・能力の根っこの部分(毎日同じことを同じように同じ時間に同じお友だちを活動することで)である土壌を耕し、水を肥料を心を込めて与えることで、やがて大きな花と開花してもらえるようにする。

・親以外(保育士)からも愛される経験を持つことで、やがて他人をも 愛することができるようになっていく。

・我が子を取り巻くお友達の成長の向上をも共に喜んでいける親同士の 輪を作る。

・子どもは常に親にとって、パーフェクトの子供であり続けることは 不可能である。 ゆえに、社会へ出た時の人間像を常に持ち続けながら、子育てに臨んで いただく。

・日々の子育てが楽しいものになる観点をお伝えする。

・子供が出来ていないものを気にするのではなく、今、子供の育っている 部分を賞賛し、認めることを常とする。

・ 子どもの尊重とは何かを考えていく。 子どもの言いなりになることが、決して子どもの尊重につながらないことがあるので、基本の「子どもにとって良き事?必要なこと?」と考えて臨機応変に対応する。

・子どもの行動で、してはいけないことをした時は、その子の人間性を叱責するのではなく、その行動に対して「いけないこと」としっかり伝える。

各種課外教室 

幼児教室
対象年齢0歳~年長児。わらべ学園独自のものや選別した教材を用いて授業を展開していきます。脳の働きの中で、考える力と憶える力の両方をバランスよく向上してもらうカリキュラムをご用意させていただいています。

英語教室
対象年齢2歳~年長児(以降は進級者のみ)。 英会話を楽しむ時間を持ちながら、英語耳・英語舌に育てていき、幼児・児童英語を通して小中高校の英語教育にも無理なく連動させていきます。

造形教室
創造する楽しさを実感するとともに、平面図形・立体図形・空間図形の技巧性を身につけます。

体操教室
大阪に有ります、中村チャイルドスポーツクラブ専属の教室です。スポーツを通して身体能力の強化、集中力の向上を図ります。

小学部教室・中学高校生教室
幼児教室で養ってきた覚える力、考える力を土台にして、心の交流を大切にしながら学習することの意義や楽しさを学んで頂きます。寺子屋形式の教室で、講師はわらべ学園出身の大学生(京大・阪大・医大生)が殆どで、もちろんわらべの先生達も指導に当たっています。

近鉄百貨店生駒店顧客託児・教育託児

 
生駒教室 630-0251 奈良県生駒市谷田町371-10
     TEL 0743-75-5722 FAX 0743-75-5770
奈良教室 631-0822 奈良県奈良市西大寺栄町3-23サンローゼビル4F
TEL 0742-36-4114